本日の「元気」

[2017年7月22日]
京都で大型の野犬が鹿を襲うなどの姿が目撃され、夏休み恒例のラジオ体操を中止する地域もある、との記事。
この野犬はシェパードに似た犬種で、複数匹いる可能性も出てきたそうです。
現時点では、木酢液の散布や爆竹、ゴムで玉を飛ばすパチンコなどで追い払おうとしているとあります。
木酢液に関していえば、あまり効果がないと思いますね。というのは、僕も以前、野良猫対策に使ったことがあるのですが、「動物が嫌う」ということはまったくありませんでした。

それで、問題は野犬です。 野犬と聞いて、まず藤原新也さんの『東京漂流』を思い出しました。確か、あれには東京最後の野犬の話が出てきたはずです。1981年初頭ですから、30数年前なんですね。
もちろん、京都とは事情も違いますが、確かに、全国おしなべて野犬は少なくなったようです。
藤原さんは、野犬をはじめとするいろいろな事象から東京の、そして時代の変わり目を描いていったのですが、ここに来て、また別の潮目がやってきたのでしょうか。
社会の、ずっと奥底で、静かな変動が起こりつつあるような気もしないではありません。 [2757]


「17歌」を連載してくださっている蜂須賀裕子さんの新刊が出ました。『「終活」としての在宅医療』(太田秀樹医師への聞き書き/かもがわ出版)です。超高齢社会にあって考えねばならない問題が提示されています。



ご意見ご希望、どうでもいいお話も  くろにかメール まで。なお、アドレスの末尾に「.jp」を付けてください。
題字 荒木経惟
since 2002.11.1  「電脳くろにか」2782
表紙へ



22日の更新


・17歌



21日の更新


・17歌



20日の更新


・17歌


・観読記






  


  • 「ワープロ友の会」  [2013年10月2日更新]
    少数派になりつつあるワープロ愛好家のための「友の会」を企画しましたが、頓挫中。

  • 終了した連載

  • 格納庫
    けっして終了したわけではありませんが、1ヶ月以上更新のなかったアイテム。